« 持世寺温泉 上の湯公衆浴場 | トップページ | 宇部市天文同好会7月予定 »

2006年7月 4日 (火)

湯田温泉 山水園 翠山の湯

☆☆☆☆
Dsc04633  全国的には山口で温泉といえば湯田温泉だと思います。
 では湯田温泉は何市にあるかと問うと山口市とはなかなか出てきません。
 温泉出るし、ホタル飛ぶし、熊出るし、車えび獲れるし、島根県と接しているし・・・でも県庁所在地です。
 湯田温泉で陛下のお宿というと山水園です。
 温泉街からちょっと離れ、景観用の空地まで持ち裏手に背負っているので警備が容易だったという理由だけではなく、優雅な庭園や専用の源泉があったのも理由だと思います。
 そんな旅館が日帰り入浴施設を持っているのです。
 料金1600円は洒落になりませんが、ロビーとフロントを一瞥すると私みたいな貧乏人はお呼びでないのではと不安になります。
 なにせ山口県では稀有なことにロビーで硫黄の香りが確認できるのです。
 この施設は既存の建物を邪魔しないように傾斜に建っておりうなぎの寝床のように細長いです。
 そのせいでちょっと窮屈ですが清潔で明るい脱衣所でタオルを取ると湯屋に入ります。
Dsc04613  全体に黒御影でしまった感じがします。
 左に洗い場がありますが背中合わせにシャワーがかかってしまうほど狭いためか、シャワーの水圧が絞ってあります。
 カランの湯も温泉そのもので硫黄の香りがたっぷり楽しめます。
 アルカリ性単純硫黄温泉というのもあまり覚えがありません。
 期待して湯船に入るとほとんど硫黄の香りはしませんし、普通にアルカリ温泉です。
Dsc04631  露天もありますが見事に内湯と温度がそろえてあります。
 湯は滝にするほどあるのですが土地が限られるので露天の寸法もちょっと押さえ気味です。
 露天は季節を楽しむところと割り切った方がいいのかもしれません。
 森林浴を楽しみながら露天風呂とは結構な話です。

 湯田の名湯として恥じない施設です。
 山口県に数少ない高温泉を堪能する場所です。
 翠山の湯に通う身分になりたい、いや山水園に連泊できるようになりたいものです。

2005/12/23入湯
 
 

« 持世寺温泉 上の湯公衆浴場 | トップページ | 宇部市天文同好会7月予定 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/2502091

この記事へのトラックバック一覧です: 湯田温泉 山水園 翠山の湯:

« 持世寺温泉 上の湯公衆浴場 | トップページ | 宇部市天文同好会7月予定 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ