« 奴留湯温泉共同浴場 | トップページ | 小浜温泉 海上露天風呂 波の湯「茜」 »

2006年5月17日 (水)

雲仙温泉 新湯共同浴場

☆☆☆☆☆
Dsc06934  雲仙には宿泊用以外の入浴施設が少なくとも6箇所あるのですが初めて寄ると一つも見つけられない恐れがあります。
 一番見つけやすいのが雲仙よか湯で次が雲仙小地獄温泉館でしょうか。
 雲仙スパハウスの外観は風呂を全く連想させません。
 また、湯の里温泉は車上からでは見つけられません。
 この新湯共同浴場も「新湯温泉大衆浴場」という小さな案内板奥の行き止まりの駐車場の脇にあります。
 たまたまこの駐車場に車を止めた人には見つけやすいのですが、通りがかりでは辛いです。
Dsc06950  発券機に100円入れて番台に券をおきます。
 実はこの発券機は2005年の12月に置かれたばかりでそれまでは界隈の土産物屋などで入湯券を買っていました。
 というのもこの湯は組合員用の湯ですから観光客は湯を借りる立場です。
 よく考えればここで組合員といえば何かしら温泉にかかわっているのですから温泉のプロによる風呂なのです。
Dsc06963  含硫黄-単純酸性温泉ですが湯は意外とシンプルでやや濁りがあるわりに湯の花はありません。
 湯の花は源泉の桶に沈めて上澄みだけを使っています。
 飲用にも使いますし毎日使うのには湯の花は邪魔ですね。
 飲んでみるとさわやかに酸っぱいです。
 御影石の浴室の真ん中に湯船がただひとつあるシンプルさ。
 カランは左右に並んでいます。
Dsc06965  湯船は思い切り深いです。
 底に座るとおぼれます。
 当然段差があるのですが、この段差は20cmほどの狭さで座るのも窮屈です。
 なんだかコツがありそうですが組合員の方がいなかったのでその理由は分かりませんでした。
 単純に長湯防止なら湯温を上げればいい話ですが、ここの湯はちょいぬるでたっぷり楽しめます。
 あと考えられるのは「居眠り防止」です。

 かなり気に入りました。
 最高の湯をシンプルな湯屋で楽しむのは寺尾野温泉に通じる贅沢です。

Dsc06938  目印がないのが困りものですが足湯が近くにあるので湯屋が開くまではたっぷり待てます。

2006/04/30入湯

« 奴留湯温泉共同浴場 | トップページ | 小浜温泉 海上露天風呂 波の湯「茜」 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

雲仙よか湯の記事も載せてください
最近出来た共同浴場だそうでいい所です

幸い2005年に入湯記録がありました。
雲仙は硫黄泉と思い込んでいたので驚きました。
早速、アップいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/1835681

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙温泉 新湯共同浴場:

» 草津温泉【群馬県】 [温泉情報BANK【温泉の比較サイト】]
草津温泉【群馬県】について記事を書きました。あなたのブログに訪れる読者さまのお役に立てれば嬉しいです。 [続きを読む]

» 雲仙温泉 新湯 [JOINUSレース課ぶろぐ(と、その他にも)]
これまでの登りでかいた汗を流します。昨日風呂に入り損なったので、その分も(苦笑) 入湯料は100円でした。 ひなびた感じがなかなかよいです。 [続きを読む]

« 奴留湯温泉共同浴場 | トップページ | 小浜温泉 海上露天風呂 波の湯「茜」 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ