« 雲仙温泉 新湯共同浴場 | トップページ | 大河内温泉 平田旅館大衆浴場 »

2006年5月18日 (木)

小浜温泉 海上露天風呂 波の湯「茜」

☆☆☆
Dsc06991  小浜温泉といえば夕日がきれいで海の幸が豊かな温泉です。
 その小浜の人たちが作った海と夕日を楽しむための露天風呂が「茜」です。
 雲仙から小浜に降りてきて国道と合流する交差点を海まで突っ切ったところにこの温泉の「塀」と管理小屋が見えます。
 そうなのですこの露天風呂には建物らしいものが見えません。
 小屋で300円払って塀の扉を開けるといきなり下り階段が見えます。
Dsc06969  このノリは海水浴場に近いものがあります。
 同時に勘のいい人はちょっとヤバい雰囲気に気が付きそうです。
 幸い脱衣所はシェルターのようなコンクリート製で湯屋に出ると半露天の湯船があります。
 弱アルカリ-低張性高温泉でちょっと濁りがありますが透明といっていいでしょう。
Dsc06979  売りはこの展望です。
 実はほぼ水面にあるので浄化設備もままならないため石鹸・シャンプーの類は使用禁止です。
 すると湯垢が気になりますが遠慮なくドバドバ掛け流ししていますからそんなものかけらもありません。
 湯船の作りこみはさすがに湯の町小浜で私の好みに合っています。
Dsc06981  石板でたたきと湯船を作り湯船のふちは木製です。
 42℃ほどの湯に疲れたらこの木に腰掛けて海と潮風を楽しむ趣向です。
 おそらくお客が多いのは夏でしょうが、直射日光を食らうと辛いでしょうから春秋がお勧めです。
 今回は長湯のつもりだったのでうちの地元のお茶も持参して楽しみました。
Dsc06988  しっかり宣伝しておきましょう。(どこで買えってんだか)
 この湯のいいところは朝の7時から始めているところです。
 昼休みのあと、午後の営業は20時までやっていますから秋の夕から宵に長湯すると痺れる風景が期待できます。

 散々持ち上げますが、干満を読み違えたり海が荒れるとその悲惨さは推して知るべきなのです。
 静穏なときは普通の温泉の塩辛さなのですが、潮湯は私と相性が悪いです。
 ちなみに台風と湯元の掃除のときはお休みです。

2006/04/30入湯
 

« 雲仙温泉 新湯共同浴場 | トップページ | 大河内温泉 平田旅館大衆浴場 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/1848380

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜温泉 海上露天風呂 波の湯「茜」:

« 雲仙温泉 新湯共同浴場 | トップページ | 大河内温泉 平田旅館大衆浴場 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ