« 奥出雲湯村温泉元湯 | トップページ | 田万川温泉憩いの湯 »

2006年4月14日 (金)

津和野塩井戸

☆(入浴危険?)

Sioido1 津和野からの旧道は川に沿っています。
 その途中、9号線に出る手前にこんなものが見えるのです。
 温泉好きな人ならこれが析出物の塊であることをすぐ見破り、タオルをつかんで駆け寄ろうとするかもしれません。
 しかし、早まってパンツに手を掛けるのはおやめください。

Sioido3Sioido4  周囲から盛んに噴出もあり、何よりこの見事な析出物は分析するまでもなく温泉の証明のようなものです。
 湯船に当たるものを見てみます。
Sioido2  妙に浅そうです。
 しかも掃除の様子はありません。

 この正体は塩の採取跡といわれていますが、その後は野菜の洗い場にもなったそうです。
 そのまま、塩漬けになりそうです。
 また、これを風呂代わりにしていた人物もいたようですが、病気になりそうなので最近では誰も使わないようです。
 ネットの情報ではマニアな人が入ったようですがブヨにいじめられたとのことです。

 塩化物の冷泉で、系統は木部谷、はとの湯、柚木に通じるものがあります。
 天然記念物として楽しむべきものでしょう。

2005/11/12見物

« 奥出雲湯村温泉元湯 | トップページ | 田万川温泉憩いの湯 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/1397131

この記事へのトラックバック一覧です: 津和野塩井戸:

« 奥出雲湯村温泉元湯 | トップページ | 田万川温泉憩いの湯 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ