« ポイマンスキー彗星 | トップページ | 宇部市天文同好会4月予定 »

2006年3月 7日 (火)

ポイマンスキーの夜に

 3月3-4日はなにもポイマンスキー彗星だけを撮っていたわけではありません。
 中腹に後退しても一通り撮っています。
 このところ撮影を続けているシュワスマン・ワハマン73Pももちろん狙っています。
0073pc0603040257 2006/03/04_02:57 Schwassmann-Wachmann (0073P-B)
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 気のせいか尾が長く伸びてきたような。

0073pb0603040301 2006/03/04_03:01 Schwassmann-Wachmann (0073P-C)
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
22コンポジット

 C核に比べてB核はまだそんなに愛想がありません。

 今回気分がよかったのはシンチレーションと透明度がまずまずだった惑星です。
Saturn060303pm2006/03/04AM 土星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
800コンポジット

 久々にカッシーニの空隙がすっきり見えています。
Jupiter060304am 2006/03/04AM 土星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
800コンポジット

 かなり細かい模様まで出ています。
 いつもこの程度のシーイングなら光学系の追い込みも楽なのですけどね。(つまり光軸が出ていないことは認識している?)

Ic2177060304am ICカタログには意外なものがあるのですがこれもそのひとつでシーガル星雲です。
 大きくて淡いのでTGv-Mではちょっと実力不足です。
2006/03/04AM_IC2177
SMC135mm
TGv-M
256フレーム
62コマRGBコンポジット

 少なくともコマをもっと増やさないとだめです。

 さて、NGCカタログですがシンチレーションが落ち着いているようなので直焦点ものをテストします。
 35mm換算10,000mmの焦点距離では惑星状星雲ですな。
Ngc2438060304am2006/03/04AM_NGC2438
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 M46散開星団の中にあります。

Ngc2440060304am2006/03/04AM_NGC2440
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
17コンポジット

 
Ngc3132060304am2006/03/04AM_NGC3132
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
17コンポジット

 
Ngc4361060304am 2006/03/04AM_NGC4361
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
23コンポジット

 予想よりも厳しいです。
 これでもガンマは目いっぱいです。

 んじゃ、ガンマの効果を見てみましょう。
M101060304amoffM101060304amloM101060304amhi2006/03/04AM_M101
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム

 順にガンマがOFF/Lo/Hi です。
 昔は画像の劣化を嫌ってできるだけガンマを上げずにいたのですが明るい天体にしか対応できそうもないです。
 やはりLO程度は使わないと諧調落ちが激しいようです。

 ついでにワンパターンを。
M64060304am2006/03/04AM_M64
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
26コンポジット

M51060304am2006/03/04AM_M51
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
37コンポジット

M83060304am_12006/03/04AM_M83
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
25コンポジット

Ngc4945060304am2006/03/04AM_NGC4945
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
32コンポジット
 前作よりはマシ?
 日本からでも撮れるという事実が大切でしょう。

Ngc5139060304am2006/03/04AM_NGC5139
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
22コンポジット

Ngc5128060304am2006/03/04AM_NGC5128
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
29コンポジット
 
Ngc5102060304am 2006/03/04AM_NGC5102
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
18コンポジット
   

 少々風に遊ばれているもののシンチレーションに恵まれると星像も小さくなるのですね。
 私は望遠鏡がタコなのかと思っていましたが空が相手では文句も言えません。
 もうちょっと透明度がよければ満足なんですが今日のところは勘弁したります。

Milky060304am ポイマンスキーを撮りながら見上げると夏の銀河が上がってきます。
 なんだか久々に撮る対象のようです。

 

« ポイマンスキー彗星 | トップページ | 宇部市天文同好会4月予定 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/949186

この記事へのトラックバック一覧です: ポイマンスキーの夜に:

« ポイマンスキー彗星 | トップページ | 宇部市天文同好会4月予定 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ