« 難物見物 | トップページ | ポイマンスキー彗星 »

2006年3月 4日 (土)

2006年2月流星統計

 悲惨な先月の流星数を見て危惧していたのですが今月は201個で昨年の200個とほぼ同数です。
Meteor0602a_2 Meteor0602b_1 いずれにしても流星数が少ないのには変わりがありません。

 こんな状態が続くのかどうか昨年のSonotaCoNetworkのデータを参照してみると衝撃の事実が明らかに!・・・と、力むほどではないのですが次のようになっています。2005ttlnum_1

 つまり、7月までは休眠状態に近いということです。
 しいて言うなら5月にちょっぴり山がある程度です。
 普通は真夏にシステムのメンテナンスを行うのが常なのですが流星観測システムは花粉症の時期にメンテナンスなり新設トレーニングを行っておくべきだという示唆なのでしょうか。

« 難物見物 | トップページ | ポイマンスキー彗星 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日は「ポ彗星」の映像を見せていただき、ありがとうございました。
しかし、ポイマンスキーとかシュワスマン・ワハマンとか、覚えにくい名前が多いですね。
ついシュワスマン・ワハハ彗星と読んでしまいます。(^^ゞ

ところで、貴殿のバックナンバーの「頭位性めまい」を読みました。私も10年ほど前に突如回転性のめまいに襲われ、吐きまくって入院した経緯があります。
それ以来、毎年何回かノーアルコールで酔っていますが、病状を理解していますので、貴殿同様に気楽に付き合っています。ストレスの要因が大きいので、コンをつめられませんように。

文章のほうが遅れて今頃ようやくポイマンスキーの動画をアップしました。
圧縮するとブロックになって悲しいものがあります。

良性とはいえめまいは再発するのですね。
寝返りで目が回って目が覚めるのは悲しいものがあります。

私は梅雨時期と秋によく再発します。
寝返りで吐きそうになりますよね。その時期は頭は上向きで、体だけ横向きって不自然な体勢で寝ています。(笑)
机の下にもぐってパソコン配線をするときが地獄のようですよ。でも年を追って体が慣れて軽くなるようです。
ご自愛下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/918825

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年2月流星統計:

« 難物見物 | トップページ | ポイマンスキー彗星 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ