« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月26日 (日)

難物見物

 金曜日は晴れでした。
 ただし、ガスって雲もかかります。
 予報であれば夜を通して晴れですが、衛星写真だと雲の流れ込みは止まりませんし、水蒸気も流れ込み風もあります。
 困るのは今日の目標なのです。
 ポイマンスキー C/2006 A1は南半球から北半球に回ってきて明け方ようやく見え始めるはずです。
 薄明から考えれば勝負は5時30分から6時までのわずかな間で高度は5~10°に過ぎません。
 したがってガスがかかれば期待できませんし曇れば当然駄目です。
 できるだけ雲影響がなく標高があり東が見通せる場所となるとまた皇座山です。
 強風で曇りがちの山頂には誰もいません。
 いつもなら逃げ出す風ですがやむを得ず北東に車を風除けに置き店開きします。
 ステーションワゴンはミニバンより背が低いのであまりいい衝立ではありませんから惑星は視野がブレて撮れません。
 同じ理由で惑星状星雲などのクローズアップも撮れません。
 広角の撮影は飛雲が多く結果が出そうにありません。
 まぁ、雲の切れ間を探しながらウォーミングアップしましょう。

M5060225am 2006/02/25AM_M5
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
25コンポジット

 いきなり初夏の天体です。

Ngc4725060225am 2006/02/25AM_NGC4725
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
23コンポジット

 NGC4712も入れた構図にしてみました。
 NGC4725で写しやすいのは中心部だけでその周辺にも銀河が広がっています。

Ngc4631060225am 2006/02/25AM_NGC4631
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 隣接するのはNGC4627です。

Ngc4565060225am 2006/02/25AM_NGC4565
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
17コンポジット

 右下のNGC4562も写してみました。

M63060225am 2006/02/25AM_M63
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 NGC5055です。
 無理して周辺まで出したのですがゆるいです。

Ngc4490060225am 2006/02/25AM_NGC4490
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
16コンポジット

 まゆ銀河です。
 変形の原因になっているのは上のNGC4485です。

M51060225am 2006/02/25AM_M51
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 星が肥大しているのはブレのせいです。

 夏の4点セットです。M16060225am
2006/02/25AM_M16
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
24コンポジット

 わし星雲です。

M17060225am 2006/02/25AM_M17
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 オメガ星雲です。

M20060225am 2006/02/25AM_M20
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 三裂星雲がもやもやしています。

M8060225am 2006/02/25AM_M8
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
28コンポジット

 干潟星雲もふにゃふにゃです。
 低高度でことさらに星が甘いです。

 で、彗星となりますと期待のシュワスマン・ワハマンも高度が高くなってきました。
0073pb06022504160073pb0602250230 2006/02/25AM_0073P-B
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
28,20コンポジット

 やっと写りました。

0073pc06022502090073pc0602250421 2006/02/25AM_0073P-C
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
40,22コンポジット

 順調に増光中です。

 5時半にいよいよ本番で自動導入すると雲の中。
 基準を取り直して再度導入すると視野はすでに明るくなっています。
C2006a10602250546 2006/02/25AM_Pojmanski C/2006 A1
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
6コンポジット

 1分しか見えずに再び雲の中に消えました。

 写ったのは僥倖というほかありません。
 やさしい対象ではないですね。
 ポイントを整理すると次のとおりです。

  • 日の出が見える場所でないとお話になりません。
  • できるだけ透明度が稼げる場所が望ましいです。
  • 当然晴れていないと見えません。
  • 基準になる星は見えませんから自動導入は必須です。
  • 雲が邪魔するシチュエーションでは露出は短くして枚数で稼ぎます。
  • 一瞬の晴れ間を狙い無駄でも連続記録します。

 これからは見やすくなっていきますからここまで意識しなくてもよくなります。

2006年2月23日 (木)

宇部市天文同好会3月予定

 日付が行ったり来たりしますが18日は宇部天の観望会でした。
 毎度ですと曇られるのですが・・・やはり曇りがちです。
 今回は雲越しにでも土星、火星、M45、M42が見えたからまだいいほうです。

 さて、3月の勤労青少年会館での予定は以下のとおりです。

3月
  05日(日) 14:00- プラネタリウム投影会
  12日(日) 14:00- プラネタリウム投影会
  18日(土) 19:00- 天体観望会(5F)土星観望会
  19日(日) 14:00- プラネタリウム投影会
  25日(土) 19:00- 星と音楽の夕べ、天体観望会(5F)土星観望会
  26日(日) 14:00- プラネタリウム投影会
  27日(月) 14:00- プラネタリウム投影会
  28日(火) 14:00- プラネタリウム投影会
  30日(木) 14:00- プラネタリウム投影会
  31日(金) 14:00- プラネタリウム投影会

 プラネタリウムは52円(子供無料)で観望会は無料です。
 春休みの特別上映が始まるので会長さんは忙しいです。

2006年2月22日 (水)

M5ロケット8号機

 朝起きて外を見たら見慣れぬ雲が見えました。M5060222

 日の出前なのに白く輝いている様子からかなりの高空と思い一応写しておきます。
 調べてみるとM5ロケット8号機が内之浦から6時28分に打ち上げられたとのことでこのロケット雲のようです。
 見たのが35分頃ですから時間的にもバッチリ・・・もっと早くから見ていればよかった?

 高空で動きが遅いとはいえまもなく見えなくなってしまいました。
 打ち上げも成功して何よりです。
 打ち出した人工衛星も赤外線天文衛星だということで期待したいです。

2006年2月19日 (日)

県立博物館談話会

 2月5日朝の観測結果が未だにアップされていないのは原稿書きをやっていたからです。(ということにしておこう。)
 山口県立博物館では月に一度のペースで天文談話会が開かれているのですが今回のお題はUFOCaptureをやれということでご指名を受けました。
 話を振ろうにも近隣ではSnotaCo Networkのメンバーは私だけなのです。
 とはいえ、画像を集めたり資料を作ったりが大半で、パワーポイントの作業は3日ほどです。
 14日の仕事が終わると早々に事務所を出て山口に向かいます。
 公開日の博物館には幾度も行ったことがあるのですが閉館後は初めてです。
 事務所の入り口が別にあるのも知りませんでした。
 メンバーは萩市、下松市と遠来の方や山大の学生もおります。
 10人ほどが事務所に適当に陣取ります。
 UFOCaptureの定義から初めてサンプル動画を…2005年の火球やスプライトの動画が動きません。
 家庭内LAN(内乱?)上で作ったのが原因ですな。
 各ソフトの役割やシステム構成はうまくいきました。
 圧巻はUFOOrbitのデモでしぶんぎ座流星群前後の日付で同時流星を絞り込みさらにM_Quaを抽出し太陽系軌道図表示しグリグリ回転させて黄道面との交差角が大きいことを表示する流れは皆さん驚いていました。
 リアルタイムでこの操作ができるのでデモには大変向いています。
 研究者にとっては全国で観測された数万もの流星の数値化データがSonotaCo Networkに公開されていることが驚きだったようです。
 たしかにSnotaCo Networkのデータを単独組織で収集しようとするとハードだけで200万円くらいかかりそうです。
 データ回収やメンテナンスの人件費を考えると研究企画を上げた段階で「費用対効果が認められない」とけられそうです。
 このままでは塩漬けデータになりかねませんからぜひ活用していただきたいものです。(だから、自分が活用しろってば)

寒の観望 III

 NGC撮影はもはやレギュラープログラムですがどんどん難易度が上がっていきます。
 そりゃ大物はあらかた撮ったのでやむをえないことなんですけどね。

Ngc3132060205am_2 2006/02/05AM_NGC3132
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
25コンポジット

 8の字星雲です。
 ハッブルの画像があまりに有名です。
 結構明るいので今度は直焦点で狙いたいのですが実はそんなにチャンスがない南に低い対象です。

Ngc2438060205am_12006/02/05AM_NGC2438
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
22コンポジット

 M46の中にあります。
 これもクローズアップしたい対象です。

Ngc2359060205am_1 2006/02/05AM_NGC2359
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 あひる星雲もまた狙ってみました。
 Duck星雲とはよく言ったものですが赤がよく出るシステムでないと全容は出そうもありません。

Ngc2835060205am_1 2006/02/05AM_NGC2835
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 先月も撮りましたがリテークです。

Ngc3079060205am_1 2006/02/05AM_NGC3079
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
17コンポジット

 昨年同時期のもののリテークです。
 透明度以外に差が見られないのは進歩がないと見るべきでしょうか?

Ngc3109060205am_1 2006/02/05AM_NGC3109
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 10等と明るいのですが14分角と拡散しているので暗いです。

Ngc3201060205am_1 2006/02/05AM_NGC3201
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
18コンポジット

 ほ座の球状星団です。
 M13並みなのですが南に低いので観測はつらいです。

Ngc5434060205am_2 2006/02/05AM_NGC5434
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
22コンポジット

 うしかい座にある銀河集団のひとつです。

Ngc3223060205am_1 2006/02/05AM_NGC3223
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 ポンプ座の渦巻銀河です。

Ngc3239060205am_1 2006/02/05AM_NGC3239
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 しし座の不規則型銀河です。
 得意な形なのですがネットの作例はあまりありません。

Ngc3245060205am_1 2006/02/05AM_NGC3245
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 こじし座の集光が強い銀河です。
 好みから言えば右上の名もないエッジオンのほうが面白いです。

Ngc3263060205am_1 2006/02/05AM_NGC3263
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 ほ座の銀河です。
 高度が低いので苦しいです。

Ngc3432060205am_1 2006/02/05AM_NGC3432
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 こじし座の銀河です。
 11等で6分角だそうですが数字以上に立派です。

Ngc3511060205am_1 2006/02/05AM_NGC3511(上)、NGC3513(下)
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
18コンポジット

 コップ座の銀河です。

Ngc3631060205am_1 2006/02/05AM_NGC3631
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
29コンポジット

 おおぐま座のフェイスオン銀河です。
 昨5月のリテークです。

Ngc3642060205am_1 2006/02/05AM_NGC3642
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 これもおおぐま座のフェイスオン銀河ですが周辺がぼんやりして規模が分かりません。

Ngc4038060205am_1 2006/02/05AM_NGC4038
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット

 おなじみアンテナ銀河です。

Ngc4361060205am_1 2006/02/05AM_NGC4361
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 からす座の惑星状星雲です。

Ngc5044060205am_12006/02/05AM_NGC5044周囲のおとめ座銀河集団
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
18コンポジット

 観察できる銀河の半分はおとめ座にあるそうですから珍しい構図というわけではありません。

 地味な天体ばかりではストレスもたまりそうですから大きいのも狙いましょうか。
M83060205am63_1M83060205am33_1 2006/02/05AM_M83
20cmF10シュミット+x0.63RD(左)、x0.33RD(右)
TGv-M
256フレーム
32(左)、37(右)コンポジット

 レデューサの使い方も難しいものです。

M104060205am63_1 2006/02/05AM_M104
20cmF10シュミット+x0.63RD
TGv-M
256フレーム
48コンポジット

 ソンブレロ銀河なら明るいので0.63倍でもかなりいけます。

Ngc5128060205am_1 2006/02/05AM_NGC5128
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
98コンポジット

 この時期銀河をカラーで撮るならケンタウルス座Aが好みです。

Ngc5139060205am_1 2006/02/05AM_NGC5128
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 Aを撮るならωもセットメニューでしょう。

Ngc4945060205am_1 2006/02/05AM_NGC4945
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
25コンポジット

 さらにその南にある銀河です。
 明るくて大きいのですが高度が低いので国内からのネットの作例もほとんどありません。
 LX90-20では架台にかぶるのでフードが要らないコンディションの日でないと狙えません。

 見上げれば星空も夏の気配ですから薄明に追われるドーナツでおしまいです。
M57060205am100_1 2006/02/05AM_M57
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
28コンポジット

 次の新月期からは夏物の撮影が始まります。

2006年2月17日 (金)

寒の観望 II

 よしもとさんが来ているのなら彗星も試しておきたいです。
 ここも山頂ほどではないとはいえ零下4℃ですから車の中からのコントロールすることにしました。
 恒星であれば16等でも捉えられるのですが彗星は勝手が違います。

C2003wt420602050149 2006/02/05_01:49 リニアC2003 WT42
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
17コンポジット

 予想光度より明るいらしく16等とは思えません。
 おそらく14等台でしょう。
 残念ながら今が精一杯の明るさです。
0060p06020502212006/02/05_02:21 ツーチンシャン60P
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット

 ちょっと苦しいですね。
 15等台とみました。
 ここまではいいのです。
C2005xa5406020502272006/02/05_02:27 ロニオス・ヒル P2005 XA54
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
19コンポジット

 16等台ですよ。
 見事に見失っています。
0073pe0602050241 2006/02/05_02:41 シュワスマン・ワハマン(E核) 0073P-E
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
20コンポジット
 18等台です。
 はっきり言って無茶です。
0073pb0602050245_12006/02/05_02:45 シュワスマン・ワハマン(B核) 0073P-B
20cmF10シュミット+x0.33RD
TG v-M
256フレーム
22コンポジット
 16等台ですが位置もあっているかどうか不安です。
 まっ、目的はC核ですよ。
0073pc0602050251  2006/02/05_02:51 シュワスマン・ワハマン(C核) 0073P-C
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
21コンポジット
 13等台だそうです。
 星にかぶっていますからリテークしておきます。
0073pc06020505082006/02/05_05:08 シュワスマン・ワハマン(C核) 0073P-C
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
30コンポジット
 彗星らしくてなかなか結構です。
 五月の連休明けが楽しみです。

C2004k106020502562006/02/05_02:56 Catalina (C/2004 K1)
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
22コンポジット
 大空振り!
 やはり難しいです。
 LX90-20とTGv-Mの組み合わせははステラナビゲータの星をすべて表示できる感度があります。
 つまり16等まで写せるので彗星なんてちょろいもの…ではありません。
 集光が著しい彗星ならいざしらず普通の彗星はぼんやりしていますから視野に入っていても分からないのが普通です。
 さらに暫定軌道のものは視野を外れている可能性があります。
 73P-B核はその両方で確信が得られません。
 14等クラスでないと間違いなく撮れるというわけにはいかないのでしょう。
 それでもよしもとさんは暗い73P-B核を捉えていますから機材と事前準備の差が出ています。
 LX90-20+TGv-M+ステラナビゲータの組み合わせは価格の割に様々な天体を手軽に楽しむことができますが専門的な領域ともなるともう一歩踏み出す必要がありそうです。
 私の場合はその一歩が命取りになりそうで精一杯踏みとどまっています。(所詮貧乏人よのぉ。)

 

2006年2月12日 (日)

寒の観望I

 ブログにしても遅れるものは遅れるのでして・・・。

 4日の土曜日は晴れました。
 山口県内で少々ムラがある晴れ方だったのですが毎度柳井地方がもっとも安定しているので皇座山に出かけます。
 一応山頂に行ったのですが予報どおりの強風で中腹に逃げ出します。
 ここも周囲の木がぼちぼち伸び始めていますので気にはなるのですがうちの望遠鏡では視界より風のほうが問題になります。

 先週は周南の定例で大賑わいだったようですが今日は周南からお一人だけでそれも零下の強風に早めに帰られました。
 もう一台駆け上がっていったのはよしもとさんですな。
 月があるので零時までは準備だけです。
 スタートは土星からで最後は金星と頭と尻に惑星が来るパターン。
Saturn060205am  Jupiter060205am_2 Venus060205am
いずれも撮影方法は同じです。
060205AM
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
900コンポジット
 惑星を見る限りシンチレーションは破綻していません。
 破綻しているとしたら光軸や鏡の汚れですわ。

 他の成果(?)はまた後日。

2006年2月 3日 (金)

冬の星々

わやんさん、今しばらくはお大事に。

 冬の星空が華やかなのは明るい星が多いからです。
 全天には1等より明るい星が21個あり、オリオン座が南に上るころにはアルデバラン、リゲル、ベテルギウス、シリウス、プロキオン、ポルックスを一目で見ることができます。
 ちょうどオリオン座の左上のベテルギウスを中心とした六角形として見ることができます。

 この中でも今時期南に輝く星といえばシリウスでしょう。
 おおいぬ座が誇る全天一の明るさの恒星で中国名で天狼星と戌年らしく犬つながりの星です。
 全天二位の明るさの恒星もちょうどこの時期に見えています。
 カノープスがそれで中国名は南極老人、和名は横着星です。
 シリウスが真南にかかるちょっと前にその真下に見える「はず」です。
 あまりに低空なのでいつも見えるとは限らないので「見えると寿命が100日延びる」といわれています。
 私は年に何度も見ているので思いっきり長寿?
 元の寿命が判明していないのでたいした意味はありません。

2006年1月流星統計

 毎年、12月は流星が盛んで年が明けた1月は一転して静かになるものです。
 しぶんぎ座はあるのですがなかなかまともに観測できるものではありません。
 それでも昨年は373個の流星が記録できていました。
 それが今年は181個ですよ。
 どうしちゃったんですか?
 確かに寒波の波状攻撃で情けない透明度の日々ですがさびしい限りです。

Meteor0601a  時間帯の統計は2004年の12月の最高値を縦軸にとってあるのでこの有様です。
 とっても寒いグラフになっています。

 では、光度のグラフはホットになるでしょうか?
Meteor0601b  むちゃくちゃ寒いです。
 一番明るいのが-3等でしかも1個だけです。

 過去の経験から言うとこれからしばらくこの状態になりそうです。 

2006年2月 1日 (水)

良性発作性頭位目眩症完治

 わやんさんからコメントいただきましたとおりめまいがあるうちは不安が付きまとう傾向があるようです。
 疑心暗鬼になり鬱がかかるので軽い抗鬱の処方を出されるケースもあるようです。
 ですが、良性と判断されたら確実に直ってしまうので「タダでジェットコースターの加速度が楽しめる」とか「一滴も飲まずに千鳥足」などと楽しんだほうがいいです。
 こんな経験はめったにできるものではありませんし、お金を払ってできるものでもありません。

 さて、私の場合は全治11日でした。
 10日目まではラジオ体操で結構楽しめたのですが、11日目は普通にできました。
 昼間出歩いてもちょっとずれた感じがあるだけで、いわば耳石器と三半規管と視覚の再チューニングを行う感じです。
 一気に直ってしまうので「あー、良性ってこういうことか」と納得してしまいます。
 後になればトラベルミンがあれば事足りることが納得できます。

 調べた範囲では良性発作性頭位目眩症は頭痛、痺れ、耳鳴り、難聴を伴わないことになっています。
 また、めまいによって特徴的な眼球運動が見られるようです。
 このうち、軽い耳鳴りは立ち居振る舞いするだけで疲れますので疲労によると思われるものは発生しました。
 ほかの症状も伴うようなら「良性」じゃない可能性もあるので迂闊に「前もそうだったから今回も・・・」などと素人判断は避けたいと思っています。

 発症中に最も困ったのは天体観測です。
 真っ暗な中では視覚はあてにできずもっぱら平衡感覚に頼らざるを得ないのです。
 そんなときに良性発作性頭位めまい症では機材のセットアップもままならないので観測は無難に休みました。
 今度は観望会をサボる口実に使いましょうか?
 「いま良性発作性頭位目眩症でさぁ、夜は出歩けないんで休みますわ。」
 怖い人の迎えの車がきそうなのでやめときます。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ