« 冬の星々 | トップページ | 寒の観望 II »

2006年2月12日 (日)

寒の観望I

 ブログにしても遅れるものは遅れるのでして・・・。

 4日の土曜日は晴れました。
 山口県内で少々ムラがある晴れ方だったのですが毎度柳井地方がもっとも安定しているので皇座山に出かけます。
 一応山頂に行ったのですが予報どおりの強風で中腹に逃げ出します。
 ここも周囲の木がぼちぼち伸び始めていますので気にはなるのですがうちの望遠鏡では視界より風のほうが問題になります。

 先週は周南の定例で大賑わいだったようですが今日は周南からお一人だけでそれも零下の強風に早めに帰られました。
 もう一台駆け上がっていったのはよしもとさんですな。
 月があるので零時までは準備だけです。
 スタートは土星からで最後は金星と頭と尻に惑星が来るパターン。
Saturn060205am  Jupiter060205am_2 Venus060205am
いずれも撮影方法は同じです。
060205AM
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
900コンポジット
 惑星を見る限りシンチレーションは破綻していません。
 破綻しているとしたら光軸や鏡の汚れですわ。

 他の成果(?)はまた後日。

« 冬の星々 | トップページ | 寒の観望 II »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/683909

この記事へのトラックバック一覧です: 寒の観望I:

« 冬の星々 | トップページ | 寒の観望 II »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ