« 良性発作性頭位目眩症完治 | トップページ | 冬の星々 »

2006年2月 3日 (金)

2006年1月流星統計

 毎年、12月は流星が盛んで年が明けた1月は一転して静かになるものです。
 しぶんぎ座はあるのですがなかなかまともに観測できるものではありません。
 それでも昨年は373個の流星が記録できていました。
 それが今年は181個ですよ。
 どうしちゃったんですか?
 確かに寒波の波状攻撃で情けない透明度の日々ですがさびしい限りです。

Meteor0601a  時間帯の統計は2004年の12月の最高値を縦軸にとってあるのでこの有様です。
 とっても寒いグラフになっています。

 では、光度のグラフはホットになるでしょうか?
Meteor0601b  むちゃくちゃ寒いです。
 一番明るいのが-3等でしかも1個だけです。

 過去の経験から言うとこれからしばらくこの状態になりそうです。 

« 良性発作性頭位目眩症完治 | トップページ | 冬の星々 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/602832

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年1月流星統計:

« 良性発作性頭位目眩症完治 | トップページ | 冬の星々 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ