« 雪解けて | トップページ | 一の俣温泉大衆浴場 »

2006年1月24日 (火)

雪解けて~続き~

 たまの晴れ間に惑星だけではもったいないので先日の続きを撮ってみます。
Ngc2392060123pm 06/01/23PM NGC2392
20cmF10シュミット
TGv-M
256フレームスタック
LRGB86コマコンポジット
 エスキモー星雲のカラー版です。
 だんだんガスってきましたがもうひとついっておきます。
Ngc1535060123pm 06/01/23PM NGC1535
20cmF10シュミット
TGv-M
256フレームスタック
LRGB82コマコンポジット
 なんだかよく似ていますね。
 マイナーですがクレオパトラの瞳とも呼ばれます。

 この二つの惑星状星雲は0.7分角と小さなものです。
 もったいないので1/4の面積にトリミングしました。
 フルサイズでM42を撮るとこの範囲しか写りません。
M42060123pm  よくあるコンパクトデジカメコリメートの画角ですね。
 つまりコンパクトデジカメは惑星状星雲に適しているとはいえるのです。
 問題があるのは感度の不足だけでしょう。

 撮影を終わるころには霜がびっちり降りてました。
 CCDにはありがたいですが生身では辛いです。

« 雪解けて | トップページ | 一の俣温泉大衆浴場 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/492941

この記事へのトラックバック一覧です: 雪解けて~続き~:

« 雪解けて | トップページ | 一の俣温泉大衆浴場 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ