« 22日プラネ投影会 | トップページ | 雪解けて »

2006年1月23日 (月)

長門湯本温泉恩湯

☆☆☆☆

Onyu1  山口県最古の温泉は長門湯本の礼湯だと聞いたことがあります。
 でもマニアは改装された礼湯よりこの恩湯を選びそうです。
 門構えがどうも神社仏閣風です。
 掲げられた看板はネオンになっていますから夜はいっそう怪しい風情になります。
 中に入って発券機を見ると入浴だけなら140円なのに驚きます。
 掛け流しの公衆浴場でしかできない値段なのでまず安心します。

 左から階段を上がると休憩室そのまま一階に入ると男湯です。
 脱衣所のすぐ向こうに浴室が見えるのでセキュリティもそれなりに安心です。

Dsc08097 Onyu2  湯船は二つあり大きな差はありませんが右のほうが湯量が多いので人気があります。
 この湯船がまたごっつい神社仏閣風の御影石製です。
 ここの謂れは坊さんが神さんに褒美にもらった湯らしいのでその影響かもしれません。
 理由はわかりませんがかなり深いのも特徴です。
 小学生低学年には危険です。

Onyu3 Dsc08098  泉質はアルカリ単純泉ですが湯口で硫黄の香りもする上物です。
 ツルヌル感もばっちりします。
 夏はわかりませんが少なくとも冬は沸かし湯で39℃程度にしてあります。
 タオルと石鹸持って浮世の垢を落とすにはもってこいの湯です。
 潔癖症の人には建物の古さが気になるかもしれません。

2006/06/17入湯

« 22日プラネ投影会 | トップページ | 雪解けて »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/462452

この記事へのトラックバック一覧です: 長門湯本温泉恩湯:

« 22日プラネ投影会 | トップページ | 雪解けて »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ